有効期限を延長する方法

アマゾンギフトの有効期限を延長する方法とは?

アマゾンギフトの有効期限を延長する方法とは? アマゾンギフト券の有効期限が2017年4月24日発行分から10年に延長されました。今までは1年(シートタイプは3年)だったので、大幅な期間延長と言えます。
しかし4月23日以前に発行されたものは期限もそのままです。そこでアマゾンギフト券の有効期限を延長する方法を紹介したいと思います。
1.まず発行されたアマゾンギフト券のコードがアカウントに登録しておきます。
2.期限切れするギフト券の残高と同じくらいの値段の商品を注文します。
このときデジタルコンテンツ(デジタルミュージックやKindle本など)等のキャンセル不可商品ではないこと、アマゾンプライム対応であること、日本のアマゾンが直接販売している商品である(=マーケットプレイスの商品ではない)ことが条件です。価格は期限切れするギフト券の残高より少し低くても大丈夫です。
3.注文をキャンセルします。
以上の手順を行うと、有効期限が3カ月延長されます。この方法は同じギフト券に対して何度でも繰り返し使うことができます。
ただしアマゾンが公式に認めている方法ではないこと、キャンセルに失敗した場合はギフト券も戻ってこないので自己責任で行うようにしてください。

アマゾンギフトのコードをアカウントに登録する

アマゾンギフトのコードをアカウントに登録する プレゼントやアンケートの謝礼などで度々手にするアマゾンギフトですが、もらったままでは利用できないため注意が必要です。
アマゾンギフト券を使ってショッピングをしたい場合は、事前にアカウント登録を行いましょう。アカウント登録は自分のアカウントサービスページから行います。
そのためにはまずトップページよりログインします。最初にアマゾンで登録したメールアドレスとパスワードを入力し、アカウントサービスページを見ます。
その中から残高、利用履歴を確認するという項目をクリックします。そこにアマゾンギフト券を登録するという項目があるため、そこをクリックします。
するとテキストボックスが出てくるため、そこにギフトコードを入力してアカウント登録ボタンをクリックします。
すると次回ショッピング時に、自動的に注文金額から差し引きして計算されるため便利です。
有効期限は10年に延長されたため、使い忘れの恐れはほぼなくなりましたが、事前にきちんと登録をするように覚えておきましょう。